2期生修了式(’18年度 修士)

Four of master course students has presented the researches at Department Intelligent Interaction Technologies Master’s Thesis Presentation on Jan 28-29, 2019.
IWAOKA, Ryunosuke: Study on Stereophonic spot presentation of Auditory Sign for Navigation in Public space
UCHIDA, Hikaru: Study on Selective Information Presentation System based on User View Direction and Position by IR Beacon
KURAHASHI, Tomoki: Study on Retrospective AR(Augmented Reality) Captioning System Using Head-Mounted Display for Daily Conversation Support
SUGITA, Yuto: Study on health promotion by diet gamification using MR

‘19.1.28-29 に実施された知能機能システム専攻 修士論文発表会において,4件の修士論文発表を行い,’19.3.26に4名の博士前期課程学生が修士(工学)を取得ました。
岩岡 龍之介: 公共空間における音アイコンのスポット立体音響再生ナビゲーションに関する研究
内田 光: IR ビーコンによるユーザーの位置と視野方向に基づく選択的 情報提示システムに関する研究
倉橋 知己: 日常会話支援を目的としたヘッドマウントディスプレーを用いるAR字幕システムに関する研究
杉田 勇人: MRを利用した食事のゲーミフィケーションによる健康増進に関する研究􏰞􏰟􏰠􏰡􏰢􏰣􏰤􏰥􏰦􏰧􏰨􏰩􏰪􏰫􏰧􏰉􏰬􏰭􏰮􏰯􏰰􏰱􏰲􏰳􏰴􏰮
カテゴリー: News