’17年度 修士論文発表会

Three of master course students has presented the researches at Department Intelligent Interaction Technologies Master’s Thesis Presentation on Jan 29-30, 2018.

ARAKI Mitsuhito: Study on estimation of sleep state in higher order spectrum analysis of sleeping breath sounds
SAKAI Noriyuki: Study on Indoor Positioning System Based on Angle-of-Arrival Measuremen Using Infrared Light Marker and Photodiode Array
MORIGA Masataka: Study on intuitive guidance method using binaural sound source and stereo parametric loudspeaker

‘18.1.29-30 に実施された知能機能システム専攻 修士論文発表会において,3件の修士論文発表を行いました。

荒木 光仁: 睡眠時呼吸音の高次スペクトル解析に基づく睡眠状態推定に関する研究
酒井 紀志: 赤外光マーカとフォトダイオードアレーを用いる到来角計測に基づく屋内測位システム
森賀 正貴: ステレオ超指向性スピーカとバイノーラル音源を用いる直感的な誘導方法に関する研究